文字サイズ変更

終了した行事・活動

昭和女子大学創立100周年記念式

去る2020年11月9日午前11時より母校の人見記念講堂にて創立100周年記念式が行われました。

image1

オーロラの緞帳に光の躍動と称してバッハのトッカータとフーガニ短調が鳴り響き、金子朝子副理事長の司会で開会しました。会場には前方に多数の来賓、教職員経験者、そして後方には同窓会役員を含むご招待を受けた卒業生が着席しました。

録音された校歌に続いて、日本女子高等学院 (現昭和女子大学)創立者人見圓吉先生の録音された肉声による「開講の詞」が流れ、大正9年9月10日に第一次世界大戦が終了し、ようやく「夜が明けようとしている。」という思いで女性教育を始めようという創立者の思いをかみしめる思いでした。

100aniv

続いて、坂東真理子理事長の昭和女子大学の発展の歴史のお話しがあり、11月9日は戦争で上高田の校舎がすべて焼けてしまった後に、世田谷の地に移転してきた記念すべき日で、この日に100周年記念式典を挙行しようと決め、2年前より準備されたとお話しでした。オーストリア在住の人見のり子名誉理事長からの祝辞が披露され、戦時中のお話しなど歌人馬場あき子様による記念スピーチでは、昭和が歩んできた100年の歴史をかみしめる思いでうかがいました。

特別功労章授与の後、スライドによる「学園創立によせて」+100周年記念事業各企画紹介がなされました。そして100周年記念ソング“For Your Dreams”が作曲家松本俊明氏自身によるピアノ伴奏で、大学生12名による合唱で披露されました。この歌詞は、学生たちが寄せた歌詞を集めて完成されたもので、MISIAの”Everything”などの作曲をされた松本俊明氏が作曲したものです。(お土産にCDをいただきました。) 最後に祝歌が、中高部の石川響さんの独唱で披露され、閉会となりました。

COVID-19のパンデミックにより今年度は桜友会役員も学園に入ることができず、活動はすべて中止となってしまったため久しぶりに母校を訪れ、幾度となく訪れた苦難を乗り越えてきた母校のように、一日も早く新しい形で平和で幸せな日常を送ることができる日が来ることを祈りながら帰路につきました。

桜友会副会長 大石惠津子

第10回幹事会のご報告

2019年5月26日(日)、母校学園本部館中会議室に於いて、第10回幹事会が開催されましたことをご報告いたします。
今回は、学年幹事110名にご案内を送付し、41通のご返信がありました。

当日は学年幹事12名、役員9名の計21名が参加し、2018年度の活動報告、2019年度の活動について話し合うと共に、今後の桜友会活動の在り方について、活発な意見交換が行われました。

また、幹事会後は柴田校長先生をお招きし、初等部の現状について、お話を伺いながら、和やかに懇親会のひと時を過ごしました。
次回は10月6日開催の桜友会総会です。 学年幹事の皆様をはじめ会員同士お声掛けいただき、1人でも多くの方にご参加いただけますこと、心よりお待ちしております。

2019kanjikai_22019kanjikai_3第10回幹事会2019

新旧校長先生の歓送迎昼食会

本年3月をもって小泉清裕校長先生が退職され、4月から柴田芳明先生が、新校長になられました。桜友会として、4月21日キャロットタワー26階のホテルオークラにて新旧校長先生の歓送迎昼食会をいたしました。

新旧校長先生歓送迎会1 新旧校長先生歓送迎会2
前の記事へ

このページの先頭へ

昭和女子大学附属 昭和小学校 同窓会 桜友会

© 2021 昭和女子大学附属 昭和小学校 同窓会 桜友会. all rights reserved.